ビジネス・コンサルティング


売上アップ、集客力を高めるために必要なこと

コンサルティング

業種、業態、規模に関係なく企業の売り上げを作っているのは商品・サービスです。

ところが中小企業の場合、世界に一つしかない商品・サービスを取り扱っているケースは稀で、多くの企業が提供する商品・サービスのレベルには、大きな違いがありません。

  • 1.商品・サービスの価値を生み出す
  • 2.商品・サービスの価値を高める
  • 3.商品・サービスの価値を伝える

私たちは、売上UP・集客力向上に最も必要なのは、上記の3点であると考えます。

中小企業が成長する為に必要な組織作り

コンサルティング

どれだけ魅力的な商品があっても、伝えるのが社長一人では企業の発展は望めません。

企業の発展のためには「社長と想いを同じくした社員・組織の育成」が必要となり、そのためには、社長と社員のコミュニーケーションが大きな問題になってきます。

例えば、社長は社員の為に収入を上げようと考え、売上のことを声高に社員に伝えます。

そのことは将来の社員の為だと考えていても、なかなか社員には伝わりません。

また、社員も必死で良い仕事をしても「社長に認められない」「社長の考え方が理解できない」といった意識のズレによって、最悪、離反や社内の不協和音を招いてしまう事も多々あります。

会社組織のコミュニケーションの問題を解決するためには「社長の想いをわかりやすく伝える」または「社員の意見をわかりやすく社長に伝える」バイプレーヤー(脇役)が、大切になります。

その役割を弊社が担い、社長の右腕・社外のナンバー2として、企業内の円滑なコミュニケーションに貢献しています。

キャッシュフローの『見える化』がもたらす効果

会社の財務を表す指標として、「損益計算書(PL)」「貸借対照表(BS)」「キャッシュフロー表(CS)」の3つが挙げられます。

しかし、財務諸表は会計用語や表の見方が非常に難解です。

「読み方が良く理解できていない」という中小企業の社長さんの声をよく耳にします。

弊社では、わかりにくい財務諸表をシンプルに『見える化』し、会社の課題、売り上げUP・固定費削減の方法を社長と一緒に考えます。

財務諸表を『見える化』することにより、社長だけでなく社員も会社の構造がわかり、会社の目標を共有できます。

これにより、社員が一丸となって目標達成に向かう組織作りが出来ます。


ページの先頭へ戻る